IB Japanese Self taught

日本語セルフトートとは

言語A(文学)

 

日本人の生徒さんが少なく、国際バカロレアの必修科目の秘湯である言語A(LanguageA)を日本語で指導できる教師がいない学校では、言語Aをセルフトート(SSST, school supported self taught)と呼ばれる独学で受験することになります。セルフトートの生徒さんは、チューター(家庭教師)と一緒に受験準備を進めることが強く推奨されています。学校がチューターを紹介してくれる場合もありますが、日本人の生徒さんが今までいなかった新設校などでは、「生徒さんが自分でチューターを探してください」と言われるかもしれません。

自分でチューターを探す場合は、IBの最新の履修・受験要項に精通している人を選びましょう。セルフトートで受験できるのは「文学」のスタンダードレベルだけですが、以前、私のところに相談に来られたある生徒さんは、それまで別のチューターの方と一緒に「言語A:言語と文学」の過去問だけを使って受験準備をしていました。そのチューターの方は、超名門大学に在学中の大学院生の方だったそうですが、IBのことは、あまりよくわからないままチューター役を引き受けられていたらしく、生徒さんは文学作品を全く読んでいませんでした。「言語と文学」の過去問を使った受験勉強が100%無駄だったとは言いませんが、IBの一年目も半ばを過ぎて間違いに気づいた生徒さんは、かなりショックを受けている様子でした。このようにIBの日本語には、セルフトートで受験できる言語A「文学」以外の科目もあるので気をつけてください。

また、ここ数年はコロナ騒動の影響もあり、毎年、受験要項の一部が繰り返し変更されてきたことも注意点です。つい最近までは正しかった情報も、すでに変わっているかもしれません。現在、IB認定校に所属している現役教師の私でさえも、来学年の受験が一体どうなるのか、まだはっきりとはわかっていないくらいです。外部のチューターの方たちにとっては、最新情報の把握がさらに難しいでしょう。

このような状況なので、すでにチューターがいる生徒さんも、履修や受験の細かい規定については、必ず学校のセルフトート担当の先生やIBコーディネーターの方と一緒に確認するようにしてください。またできれば、IB日本語教師どうしで横のつながりを持っている人、IBのワークショップにも参加している人をチューターに選べば安心でしょう。

作品選びについては、生徒さんがチューターと話し合って決めるのが一般的ですが、学校によっては、翻訳で読む世界文学の作品を指定しているところもあります。英語が母語の先生が、週1回、いろいろな母語のセルフトートの生徒たち全員を集めて、英語で授業を行うためです。チューターの人と別の作品で勉強を始めてしまって、後から作品を変えるはめにならないよう、作品選びの際には学校のセルフトート担当の先生に条件を確認してください。

海外の学校では、自分の勉強に責任を持つのは、セルフトートの生徒さん自身と考えていて、大切なことも生徒さんに伝えるだけで、チューターとは頻繁に連絡を取っていないかもしれません。また、学校に所属していないチューターは、国際バカロレア機構に直接連絡を取ることができないので、試験内容の変更などの細かい指示までは伝わっていないことが珍しくありません。セルフトートの生徒さんは、チューターがいても決してチューターに頼りすぎず、校内のセルフトートの担当の先生から与えられる説明は、一言も聞きもらさないようにしてください。

error: Content is protected !!