国際バカロレアとは

IBについての概要

国際バカロレアとは

国際バカロレア(International Baccalaureate)とは、スイスのジュネーブに本部を置く、国際バカロレア機構(以下IBO)が提供する教育プログラムです。国際バカロレアは、国際的に通用する教育プログラムとして1968年に始まりました。IBOは、世界共通のカリキュラムの作成や国際バカロレア試験を行い、IBの卒業生たちに国際バカロレア資格を授与しています。

世界各国の多くの大学が、国際バカロレア資格を入学試験に採用しているので、国際バカロレア認定校で学び、国際バカロレア資格を取得した人たちが毎年、世界各地の大学に進学しています。最終試験で高得点で獲得すれば、世界の超名大学に入学することも可能です。

最近は日本国内にも国際バカロレアを入試に導入している大学が増えています。

IBの使命

国際バカロレアの目的は、国際的な視野を持つ若者を育成することです。国際的な視野を持つ人とは、多様な文化を理解し、お互いを尊重し、人間一人ひとりの違いを受け入れ、自分と異なる考えの人々の意見にも耳を傾け、お互いの価値を認めることのできる平和な世界の構築のに貢献する人のことです。さらに、IB生には、探究心や知識、思いやりも求められています。そのような高い目標を達成するために、国際バカロレア機構は、IB認定校で学ぶ児童や生徒たちに「幅広く、バランスのとれた、概念的で、関連性の高いカリキュラム」を提供しています。

国際バカロレアのプログラム

国際バカロレアのプログラムは、年齢と学習目的に応じて、4つに分かれています。

PYP (Primary Years Programme)  3−12歳向け

心身の両方の発達を促すためのプログラム

MYP (Middle Years Programme)  11−16歳向け

これまでの学習と社会のつながりを学ぶためのプログラム

DP (Diploma Programme) 16−19歳向け

国際バカロレア資格(大学入学資格)の取得を目指すプログラム

IBCP (Career-related Programme)  16−19歳向け

キャリア教育 職業教育に関連したプログラム

IBの学習者像

国際バカロレア機構は、IBの学習者像として、以下のような人物像を設定しています。

  • 探究する人
  • 知識のある人
  • 考える人
  • コミュニケーションができる人
  • 信念を持つ人
  • 心を開く人
  • 思いやりのある人
  • 挑戦する人
  • バランスのとれた人
  • 振り返りができる人
error: Content is protected !!